オリンピックも開催!!リオデジャネイロを見下ろすキリスト像の謎【ブラジル】

リオデジャネイロのコルコバートに丘に立つ高さ40mのキリスト像。

カリオッカの景観として、グアナバラ湾周辺の丘陵地帯、

コパカバーナの海岸線とも含んで世界遺産に登録されている。

両腕を広げた巨大なキリスト像の高さは30メートル。

台座も含めると約38m。リオデジャネイロを見下ろし守護しているように見える。

これはポルトガルからの独立100周年を記念して、1931年に建造されたもの。

2007年には「新世界7不思議」に選出された。

特に不思議な建造物でもない、このコルコバートのキリスト像が

選出されたのか?それこそが謎なのである。

他の6か所は古くに建造され、文字通り謎が多いものばかり。

実はこの「新世界7不思議」の選出の方法に謎を解く鍵があったのだ。

インターネット、電話投票による一般投票だったのだ。

誤解を恐れずに一言で言ってしまうとブラジル人の

愛国心の現れだったのです。

別の場所からのリオデジャネイロからの一望。

夜景もすばらしく綺麗。

10027068719

リオのカーニバル、サッカー観戦と合わせて訪れると

楽しいでしょうね。

2016年の夏のオリンピックの開催都市でもあります。