視界360度の星空で幻想体験『ウユニ塩湖』【ボリビア】

ウユニ塩湖

ウユニ塩湖は南米ボリビアの西部に位置する、広大な塩の大地。

世界でも屈指の絶景ポイント。一度は旅してみたい憧れの場所。

2011年7月ボリビア政府の一声でウユニ空港が開設。

随分と近くなり訪れ易くなった。

以前はラパスからウユニまで約550km、雨季になると最大12時間近く

車でぬかるんだ道路を走る必要があった。

(それでも雨季のウユニ塩湖を訪れる価値は高かったのだ。)

ウユニ空港はウユニ塩湖を訪れる者達に大きな恩恵をもたらし、

これから訪れたい者達のハードルをグッと下げる事となった。

ウユニ塩湖2

「天空の鏡」とも表現されるウユニ塩湖。

その名の通り、天を漂うまぶしい程に白い雲を

そのまま湖面へ写しだす。

ウユニ塩湖3

乾季になると、格子状の塩の結晶で覆われる。

まさに、視界一面が塩原である。

ウユニ塩湖4

この星空の画像を見て下さい。

湖面に星の光が写し出され、想像を絶する幻想の世界、

視界360度の星空が大パノラマに展開。

まさに絶景!!

ウユニ塩湖5

訪れる時期、時間によって多数の顔を持つウユニ塩湖。

夕暮れ時の風景も見逃せない。

この深いグラディエーションの中に身を置くと、

些細な悩みは吹き飛ぶ事でしょう。