UFOも訪れた?聖地『エルサレム旧市街』【イスラエル】

エルサレム旧市街

世界の3大宗教の内の2つ、キリスト教、イスラム教。それとユダヤ教。

(※3大宗教の残り1つは仏教)

大きな共通点は一神教であることと、

東エルサレム(旧市街)を聖地として崇めている点である。

画像では判りにくいが、エルサレム旧市街はぐるっと城壁に取り囲まれている。

1982年に隣国ヨルダンが世界遺産申請。

所在地の国が申請するのが通例で、このエルサレムに関しては、

通常イスラエルが申請すべきところ。

政治、宗教、民族的に複雑な背景を配慮して、ヨルダンからの申請となったのだ。

エルサレム旧市街2

聖地であると同時に信者たちの生活の場も同時に存在し、

この地特有の匂いを感じる。

オリエンタル、ノスタルジーどんな言葉が一番あてはまるのでしょう?

嘆きの壁

エルサレム神殿の外壁の現存する部分を「嘆きの壁」と呼ぶ。

エルサレム神殿はユダヤ教で最も神聖な建物、

ユダヤ教の礼拝の中心地であった。

聖墳墓教会

イエス・キリストが処刑された「ゴルゴタの丘」も

エルサレム旧市街(東エルサレム)にあった。

その場所に「聖墳墓教会」が建てられた。

この「聖墳墓教会」こそがキリストの墓なのである。

岩のドーム

ユダヤ、イスラム、キリスト教にとって宗教上

重要な意味を持つ「岩のドーム」

このドームは神聖な岩を覆うためのものであり、

礼拝所としてのモスクではない。

夕焼けに映える「岩のドーム」。

より一層荘厳な雰囲気を醸しだす。

このエルサレム旧市街を訪れると、人生観が変わるかもしれませんね。

完全な余談ですが、エルサレム神殿の「岩のドーム」の上にUFOが現れた

と一時期話題となりました。エルサレムとUFO以外な取り合わせ

ですが神秘性が増した感じですか。

もちろん、UFOの真偽のほどはわからないですが・・・

※興味がある方は「聖地エルサレム UFO」で

YouTube検索してみて下さい。

雲海に浮かぶ日本のマチュピチュ『竹田城』場所は?【兵庫】

「日本のマチュピチュ」と呼ばれる竹田城

雲海に浮かぶ城跡はまさに天空の城。

竹田城は兵庫県朝来市の古城山の頂きに座している。

一躍脚光を浴び、メジャー観光スポットとなった。

竹田城2jpg

季節、時間により様々な顔を持つ竹田城。

雲海が一番似合うが、夜の風景も魅力的。

竹田城3

冬の凛とした佇まいも趣があり、遠い室町時代に雪化粧をした

城の姿が脳裏に浮かぶ。

竹田城2

この竹田城の城主はこんな贅沢なきれいな風景の中で、

最高の花見を楽しんだことでしょう。

竹田城に訪れる時は雲海の予報を見て行かれると良いでしょう。

竹田城跡がある兵庫県朝来市 までは大阪から高速道路を利用して1時間半ほど。

こんな近い場所にマチュピチュが・・・。

日本にマチュピチュがあったのです。

ヒンドゥー教最大の寺院『アンコール・ワット遺跡』【カンボジア】

アンコールワット2

アンコール・ワットは12世紀前半に

スーリヤヴァルマン2世の手により建造された。

建立に30年という気が遠くなる時間をかけられた。

まさに、カンボジア王朝の象徴的な寺院。

サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味する。

アンコールワット

アンコール・ワットは夕暮れ時が一番美しい。

どこかもの悲しく、アンニュイな感じが良く似合う。

カンボジア内戦によってクメール・ルージュの

手で、奉納されている仏像ともども破壊された経緯がある。

この事実がそう感じさせるのかもしれない。

この独特な空気感を味わうため、一度は訪れたい観光スポットだ。
アンコールワット3

世界遺産として1992年に登録され、国際的な協力のもと、

現在も破壊された部分の修復作業が進められている。

4体のラムセス2世像が守護『アブ・シンベル神殿』【エジプト】

アブ・シンベル神殿1

エジプト最南端に位置するアブ・シンベル神殿

エジプトの強大なる王、ラムセス2世の手により紀元前1256年頃建造。

4体のラムセス2世像が見下ろす荘厳な石の神殿。

実はこのアブ・シンベル神殿にまつわるこんなエピソードがある。

ダム建設(アスワンハイダム)の影響で、水没する予定だった神殿。

しかし、ユネスコ主導により、世界的な保存の為の、一大キャンペーンが行われる。

その結果1968~1972年にかけてダムの影響のない高台へ(北西へ210m、高さ65m)移築されたのだ。

その作業は、総量40万トンの神殿をパーツ事に切りだし、地道に運び組み立てるという途方もないものだった。

アブ・シンベル神殿2

想像がつかない程のスケールで時間と労力が費やされ、

アブ・シンベル神殿の移築キャンペーンが今の、世界遺産創設のきっかけとなったのです。

視界360度の星空で幻想体験『ウユニ塩湖』【ボリビア】

ウユニ塩湖

ウユニ塩湖は南米ボリビアの西部に位置する、広大な塩の大地。

世界でも屈指の絶景ポイント。一度は旅してみたい憧れの場所。

2011年7月ボリビア政府の一声でウユニ空港が開設。

随分と近くなり訪れ易くなった。

以前はラパスからウユニまで約550km、雨季になると最大12時間近く

車でぬかるんだ道路を走る必要があった。

(それでも雨季のウユニ塩湖を訪れる価値は高かったのだ。)

ウユニ空港はウユニ塩湖を訪れる者達に大きな恩恵をもたらし、

これから訪れたい者達のハードルをグッと下げる事となった。

ウユニ塩湖2

「天空の鏡」とも表現されるウユニ塩湖。

その名の通り、天を漂うまぶしい程に白い雲を

そのまま湖面へ写しだす。

ウユニ塩湖3

乾季になると、格子状の塩の結晶で覆われる。

まさに、視界一面が塩原である。

ウユニ塩湖4

この星空の画像を見て下さい。

湖面に星の光が写し出され、想像を絶する幻想の世界、

視界360度の星空が大パノラマに展開。

まさに絶景!!

ウユニ塩湖5

訪れる時期、時間によって多数の顔を持つウユニ塩湖。

夕暮れ時の風景も見逃せない。

この深いグラディエーションの中に身を置くと、

些細な悩みは吹き飛ぶ事でしょう。