飛んで『イスタンブール歴史地区』観光ブログ【トルコ】

イスタンブール2

アジアとヨーロッパの境界にある街「イスタンブール」。

オリエンタルで神秘的な景色が印象的。

イスタンブールは観光してみたい都市の上位常連組です。

紀元前7世紀頃、ギリシア人の植民地として建設され、

「ビザンティウム」と呼ばれていた。

その後330年「コンスタンティノーブル」、1453年オスマン帝国時代に

「イスタンブール」と改名された。

歴史的に見て常に、政治、軍事、経済、文化的にも要所だった。

(アヤ・ソフィア画像)
アヤソフィア

1985年「イスタンブール歴史地区」としてユネスコ世界遺産に登録。

その代表的な歴史的建造物のひとつ「アヤ・ソフィア」。

(アヤ・ソフィア内部)
アヤソフィア内部

アヤ・ソフィアは537年ユスティニアヌス1世により再建された大聖堂。

16世紀にイスラム教のモスクに改築されたが、

1930年代、トルコ共和国アタテュルク大統領により無宗教の

博物館に改築された。

(ブルーモスク)
ブルーモスク

もうひとつ歴史的建造物をご紹介します。

アメフト1世の命により1616年に完成した「スルタン・アメフト・モスク」。

(ブルーモスク内部)
Istanbul

世界でもっとも美しいモスクと名高い。

内壁を飾る美しい青のタイルにちなみ、

「ブルー・モスク」の名で親しまれている。

(ベリーダンスがとても良く似合う街)
ベリーダンス

観光スポットが目白押しの都市へ、

「飛んでイスタンブール」。

ガウディの遺作『サグラダ・ファミリア』完成はいつ?【スペイン】

Sagrada Familia

1883年に「サクラダ・ファミリア大聖堂」の建築主任となった

アントニ・ガウディの遺作。

交通事故で亡くなったガウディの没後100年の2026年完成の予定。

2005年ユネスコ世界遺産に登録。

サクラダファミリア

ガウディの死後9人の建築家が後を継ぐが、スペイン内戦の折り、

ガウディが残した設計図、モデルなどが焼失し、

推測や記憶を頼りに進めざるをえなくなったそうです。

(サクラダ・ファミリア内部)
サグラダ・ファミリア教会_内装

2026年完成予定にはなっておりますが、

予定を過ぎてしまうという意見、予測も多数出ているようです。

また、この巨大な建造物の建設コストは寄付でまかなわれており、

思うように建設が進まない理由になっているのかもしれません。

ただし、入場することは出来ますので、ツアーを計画されている方は

webで事前予約しておく事をおすすめします。

(グエル公園の画像)
グエル公園

サクラダ・ファミリアの他にガウディの残した作品は多数あります。

世界遺産に登録されているものは7点あります。

グエル公園、グエル邸、集合住宅カサミラなどである。

どれも奇抜で、不思議な建造物ばかりです。

実物を見てみたいものですね。

『アルベロベッロ』観光、トゥルッリの家に宿泊【イタリア】

イタリア南部、白壁ととんがり屋根の町「アルベロベッロ」。

青空と白壁のコンストラストがとてもまぶしい。

円錐状の屋根を持つ家「トゥルッリ」が約1600軒余り集まっている。

冬暖かく、夏は涼しく快適な家らしい。

石を積み石灰を塗った壁にとんがり屋根をのせた作り。

なぜこのような形となったのか?

その起源は、家屋に課せられる税を免れるため、

すぐに屋根を壊すことができ、これは家ではない、と言い逃れるためだったとか。

解体と建設を繰り返す事を前提として考えられた結果なのです。

アルベロベッロ

アルベロベッロのトゥルッリとして1996年に世界遺産に登録され、

年間100万人ほどの観光客が訪れる人気観光スポット。

現在は、トゥルッリを利用した、おしゃれな店も立ち並ぶ。

アルベロベッロ夜景

アルベロベッロの夜はまさにファンタジーの世界。

このロマンチックで非日常的世界をゆっくり散歩すると

心洗われることでしょう。

余談ですが、アルベロベッロにはイタリア人と結婚された

日本人女性が経営するお土産店があります。

店名は「陽子の店」。

テレビでも紹介された有名なお土産店です。

訪れた方は是非お立ち寄りしてみてはいかがでしょうか。

エーゲ海の火山島『サントリーニ島』で結婚式【ギリシャ】

青い海。白壁、青い屋根の教会がシンボリックな「サントリーニ島」。

エーゲ海に浮かぶロマンティックなこの世の楽園

太陽の光が燦々と降り注ぐ。

色鮮やかな葡萄色の花と青空のコンストラスト。

サントリーニ イア

サントリーニ島の北部、イア地区はブルードームと呼ばれる、風車、教会で知られる場所。

サントリーニの象徴的な風景を持つイア。

夕日の綺麗な事でも有名。

まさに絶景。

サントリーニ島

こんな素晴らしい星空に出会えることも。

3

こんな清潔感あふれるリゾートホテルでハネムーン&結婚式。
(画像はホテル ミスティーク)

こんなところで結婚式・・・憧れます。

治安も非常に良く安心して訪れる事ができます。

天気も雨がめったに降らず綺麗な青空が楽しめます。

世界三大瀑布の凍結画像『ナイアガラの滝』転落事故に注意【アメリカ・カナダ】

カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州の国境に位置する

『ナイアガラの滝』。

自然のド真ん中と思われがちだが、以外に思われるかもしれないが、

観光向けの開発が進められた事もあり、ホテルが立ち並ぶすぐ側にある。

ナイアガラの滝

夏場、夜間ライトアップされ、さらに美しく幻想的で雄大な姿を見せる。

絶景である。近くで見ると迫力も加わり感動が倍増する。

イグアスの滝(アルゼンチン・ブラジル)、ビクトリアの滝(ジンバブエ)と共に

世界三大瀑布の一つに数えられる。

しかし、イグアス、ビクトリアの滝は世界遺産に登録されているが、

このナイアガラの滝は未登録。

ナイアガラの滝2

このように雄大なナイアガラの滝が寒波の影響で時折、凍結してしまう。

これだけの豊富な水量を凍らせてしまう自然の驚異、畏怖してしまいます。

また、日本人女性が転落事故死したニュースが話題となりました。

非常にまれな事故らしいので訪れる方はご安心を。

美しき湖畔の町『ハルシュタット』クルーズも楽しむ【オーストリア】

美しい湖畔の町「ハルシュタット」。

世界でも有数の景勝地で観光スポットとなっている。

ハル(Hall)はケルト語で「塩」、シュタット(Statt)はドイツ語で「場所」を意味する言葉。

1997年、ユネスコの界遺産に登録された。

天気、季節によって様々な顔を持つのがハルシュタットの魅力。

ハルシュタット4

晴天、曇天、春夏秋冬。

ハルシュタット2

世界一美しい町という冠はハルシュタットのためにあると言っても

過言ではないでしょう。

(ハルシュタットのホテル・・・美しいです)

ハルシュタット ホテル

ゆっくりと流れる時間、湖畔のテラスで読書、

傍らには芳しいコーヒーの香りと焼きたてのビスケット。

憧れますよね。

ハルシュタット テラス

また、ハルシュタット湖クルーズはおすすめ。
遊覧船に乗り込み、ゆっくりとした時間を美しい景色を眺めながら過ごす
贅沢を味わいたいものです。

シンデレラ城のモデル!?世界遺産『ノイシュバンシュタイン城』行き方【ドイツ】

世界で有数の美しいお城とされる「ノイシュバンシュタイン城」。

ノイ『新しい』、シュヴァン『白鳥』、シュタインは『石』の意味である。

ディズニーランドのシンデレラ城のモデルになったという話も。
(注:フランスのユッセ城という説もあり)

青空に映える姿も絶景だが、雪化粧したノイシュバンシュタイン城の風景も格別。

ノイシュバンシュタイン城1

1869年より建設を開始、1886年に未完成部分を多く残しているが、

一応の完成をみた。

現在、ロマンティック街道の終着点ということもあり、

(ツアー参加が条件ではあるが)お城の内部を見学することも可能です。

(↓お城の中庭)
ノイシュバンシュタイン城 上の中庭

(↓歌人の間)
ノイシュバンシュタイン城 内部

外見ばかりがクローズアップされがちな「ノイシュバンシュタイン城」ですが

是非、内部も見学してみたいものです。

気になる行き方ですが、ミュンヘンから鉄道とバス、車でも約2時間と

アクセスが良いとは言えません。

苦労しても行く価値があるのは間違いないです。

合掌造りと雪の『白川郷』観光【岐阜】

白川郷

「白川郷」とはそもそも庄川流域の呼称。

1995年、ユネスコ世界遺産に「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として登録。

合掌造りと雪がとても良く似合う。

2月の週末の夜はライトアップされ、幻想的な景色が見られる。

雪景色のイメージが強いが他の季節の風景もすばらしく綺麗。

初夏の田園風景も日本の田舎をを具現化したようで、ノスタルジック。

どこか懐かしくホッとする。

春の白川郷の風景。

菖蒲の花が雪どけの季節に良く似合う。

春夏秋冬、白川郷のいろんいろな顔を楽しんでみて下さい。

ナマステ、世界遺産『タージ・マハル』行き方【インド】

インドの世界遺産の中で最も有名で、世界で一番美しい建造物との

呼び声高い「タージ・マハル」。

ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハンが妻ムムターズ・マハルの死を悼んで

22年もの長い歳月をかけ建築した巨大な墓。

タージは妻の名前「ムムターズ」が略され変化したもので、

その名はズバリ愛妻の名が由来。

巨大な愛のモニュメントなのです。

タージマハル3

1983年にユネスコの世界遺産に登録され、新世界七不思議にも選ばれている。

タージマハル2

この総大理石作りの美しい「タージ・マハル」は年間400万人の観光客を魅了。

訪れる時間、時期によっても様々な魅せ方をする。

早朝の朝日が昇るタイミングなんて最高かもしれません。

タージマハル4

デリーより約200km、車で5時間、列車の方がアクセス良好です。

ナマステ!!タージ・マハル!!

『古代都市シギリヤ』シギリアロック画像【スリランカ】

シギリヤ

この画像をご覧下さい。空中都市の表現がぴったりです。

古代都市シギリヤのシギリヤロック遺跡は5世紀後半、

カッサパ1世の手により建造された、要塞王宮である。

シギリヤ3

岩山の中腹には、フレスコ画で描かれた壁画、「シギリヤ・レディ」が見られる。

シギリヤレディ

宮崎駿監督ジブリ作品「天空の城ラピュタ」みたいで冒険心をそそります。

1982年に世界遺産に登録。

画像からも伝わってくるこの圧倒的存在感。

王宮がたっていた建設当時は、まさに天空の王宮。

すばらしい風景だったことでしょう。

シギリヤ2

シギリヤはスリランカ最大の都市コロンボから北東へ約170km。

セイロン島の中央に位置する。

コロンボから車で4時間程の場所。

訪れるのはなかなか大変。その分感動はひとしおの事だろう。

シギリヤカレーをご賞味いただくのも忘れずに!!