スポンサードリンク

ヒンドゥー教最大の寺院『アンコール・ワット遺跡』【カンボジア】

アンコールワット2

アンコール・ワットは12世紀前半に

スーリヤヴァルマン2世の手により建造された。

建立に30年という気が遠くなる時間をかけられた。

まさに、カンボジア王朝の象徴的な寺院。

サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味する。

アンコールワット

アンコール・ワットは夕暮れ時が一番美しい。

どこかもの悲しく、アンニュイな感じが良く似合う。

カンボジア内戦によってクメール・ルージュの

手で、奉納されている仏像ともども破壊された経緯がある。

この事実がそう感じさせるのかもしれない。

この独特な空気感を味わうため、一度は訪れたい観光スポットだ。
アンコールワット3

世界遺産として1992年に登録され、国際的な協力のもと、

現在も破壊された部分の修復作業が進められている。

スポンサードリンク

コメントを残す