スポンサードリンク

ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々と祭り【イタリア】

d0084229_21112153

1693年にシチリア南東部のヴァル・ディ・ノートを大地震が襲った。

その後、地元貴族たちの働きかけにより、

後期バロック様式で統一された魅力的な8つの町が再建された。

上記画像はその中の、陶器で有名なカルタジローネの町、

「サンタ・マリア・デル・モンテ大階段」である。
(階段に陶器が埋められている)

DSC_79081

毎年5月に花と緑の植木を使い様々な図柄が描かれる。

また、カルタジローネの「サンタ・マリア・デル・モンテ大階段」では、

7月末、8月中旬の4日間、「カルタジローネ 大階段のイルミネーション」 の

催しも行われる。

decoratedstaircase05

ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々の中のひとつノートでは、

5月中旬「ノートの花祭り」が行われる。

DSC_76971

ニコラーチ通りに花が敷き詰められまさに、花のカーペット!!壮観です。

ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々は他に、

カターニア、ラグーサ、モディカ、パラッツォーロ・アクレイデ

シクリ、ミリテッロ・イン・ヴァル・ディ・カターニアの町がある。

どこも魅力的な町ばかり。

まとめて訪れてみたいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す