スポンサードリンク

画像でフィレンツェへ思いを馳せる、田舎暮らしも◎【イタリア】

イタリアの旅行先でも指折りの人気を誇る「フィレンツェ」。

古代ローマに起源をもち、12世紀に自治都市を宣言したフィレンツェ。

14世紀前半には、毛織物業や金融業が栄え、人口12万の大都市に成長。

そこに現れたのが、父の興したメディチ銀行を巨大なものに育て上げた

コジモ・イル・ヴェッキオであり、わずか17歳で事実上フィレンツェを

事実上支配した辣腕の政治家でもあった。

631334568646

以降、メディチ家によるフィレンツェ支配は18世紀まで続き、

その間都市国家として大いに繁栄した。

現在も町には、堂々たる威容を誇る

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂や、

メディチ家の収集した美術品を展示するウフィツィ美術館など、

多くの歴史的建造物が多く残り、

フィレンツェ歴史地区として、1982年世界遺産に登録されている。

img_0

街並みも美しく綺麗。

フィレンツェといえば、辻仁成と江國香織による小説「冷静と情熱のあいだ」の

舞台となっており、映画化もされている。

映画の内容は置いておくとしても、フィレンツェの街並み、雰囲気などを

疑似体験できる美しい映像が堪能できます。

また、フィレンツェの街から少しだけ北上すると

トスカーナの自然に囲まれたすばらしい場所が有ります。

img_3

日本人女性の方が国際結婚され住んでいらっしゃっており、、

『フィレンツェ田舎生活便り』という本、同名のブログで

フィレンツェでの田舎暮らしを紹介されています。

興味がある方はご覧になって見て下さい。

あこがれてしまいますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す