スポンサードリンク

妻籠宿、馬籠宿と中山道の歴史【長野県】

713年の木曽路の開通以来、妻籠は宿駅としての機能を果たす。

1601年には中山道の江戸から42番目の宿場として制定された。

このような、歴史的な街道と宿場町が、周辺の祖前環境と共に残され、

独特の文化的景観を形成している。

特に、旅籠の素朴な街並みが印象的。

tsumago03

夜は、妻籠宿の通りに行灯がる。

やさしい光と情緒あふれる町並みが浮かびあがる。

夜の妻籠宿を散歩し、遠い昔の中山道にタイムスリップしてみませんか?

栗きんとんが有名ですのでお土産にいかがでしょうか。

nakasendou_magome_tumago

(馬籠宿の画像↑)

また、中山道の江戸から43番目の宿場、馬籠宿にも

是非お立ち寄りください。

スポンサードリンク

コメントを残す