スポンサードリンク

飛んで『イスタンブール歴史地区』観光ブログ【トルコ】

イスタンブール2

アジアとヨーロッパの境界にある街「イスタンブール」。

オリエンタルで神秘的な景色が印象的。

イスタンブールは観光してみたい都市の上位常連組です。

紀元前7世紀頃、ギリシア人の植民地として建設され、

「ビザンティウム」と呼ばれていた。

その後330年「コンスタンティノーブル」、1453年オスマン帝国時代に

「イスタンブール」と改名された。

歴史的に見て常に、政治、軍事、経済、文化的にも要所だった。

(アヤ・ソフィア画像)
アヤソフィア

1985年「イスタンブール歴史地区」としてユネスコ世界遺産に登録。

その代表的な歴史的建造物のひとつ「アヤ・ソフィア」。

(アヤ・ソフィア内部)
アヤソフィア内部

アヤ・ソフィアは537年ユスティニアヌス1世により再建された大聖堂。

16世紀にイスラム教のモスクに改築されたが、

1930年代、トルコ共和国アタテュルク大統領により無宗教の

博物館に改築された。

(ブルーモスク)
ブルーモスク

もうひとつ歴史的建造物をご紹介します。

アメフト1世の命により1616年に完成した「スルタン・アメフト・モスク」。

(ブルーモスク内部)
Istanbul

世界でもっとも美しいモスクと名高い。

内壁を飾る美しい青のタイルにちなみ、

「ブルー・モスク」の名で親しまれている。

(ベリーダンスがとても良く似合う街)
ベリーダンス

観光スポットが目白押しの都市へ、

「飛んでイスタンブール」。

スポンサードリンク

コメントを残す