スポンサードリンク

ガウディの遺作『サグラダ・ファミリア』完成はいつ?【スペイン】

Sagrada Familia

1883年に「サクラダ・ファミリア大聖堂」の建築主任となった

アントニ・ガウディの遺作。

交通事故で亡くなったガウディの没後100年の2026年完成の予定。

2005年ユネスコ世界遺産に登録。

サクラダファミリア

ガウディの死後9人の建築家が後を継ぐが、スペイン内戦の折り、

ガウディが残した設計図、モデルなどが焼失し、

推測や記憶を頼りに進めざるをえなくなったそうです。

(サクラダ・ファミリア内部)
サグラダ・ファミリア教会_内装

2026年完成予定にはなっておりますが、

予定を過ぎてしまうという意見、予測も多数出ているようです。

また、この巨大な建造物の建設コストは寄付でまかなわれており、

思うように建設が進まない理由になっているのかもしれません。

ただし、入場することは出来ますので、ツアーを計画されている方は

webで事前予約しておく事をおすすめします。

(グエル公園の画像)
グエル公園

サクラダ・ファミリアの他にガウディの残した作品は多数あります。

世界遺産に登録されているものは7点あります。

グエル公園、グエル邸、集合住宅カサミラなどである。

どれも奇抜で、不思議な建造物ばかりです。

実物を見てみたいものですね。

スポンサードリンク

コメントを残す