スポンサードリンク

ナマステ、世界遺産『タージ・マハル』行き方【インド】

インドの世界遺産の中で最も有名で、世界で一番美しい建造物との

呼び声高い「タージ・マハル」。

ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハンが妻ムムターズ・マハルの死を悼んで

22年もの長い歳月をかけ建築した巨大な墓。

タージは妻の名前「ムムターズ」が略され変化したもので、

その名はズバリ愛妻の名が由来。

巨大な愛のモニュメントなのです。

タージマハル3

1983年にユネスコの世界遺産に登録され、新世界七不思議にも選ばれている。

タージマハル2

この総大理石作りの美しい「タージ・マハル」は年間400万人の観光客を魅了。

訪れる時間、時期によっても様々な魅せ方をする。

早朝の朝日が昇るタイミングなんて最高かもしれません。

タージマハル4

デリーより約200km、車で5時間、列車の方がアクセス良好です。

ナマステ!!タージ・マハル!!

スポンサードリンク

コメントを残す