スポンサードリンク

歴史ある修道院『モンサンミッシェル』側で食すオムレツ【フランス】

モンサンミッシェル』(正しくはモン・サン=ミシェル?)は

フランス西海岸のサン・マロ湾に浮かぶ小さな島の名。

同時に、その小島に「モン・サン=ミシェル」という

同名の歴史ある修道院が建つ。

世界遺産に登録されており、「西洋の驚異」と呼ばれることも。

モンサンミシェル

また、カトリックの巡礼地となっており、観光客とあわせて、

たくさんの人が訪れている。

この小さな島は昔、モン・トンブ(墓の山)と呼ばれる

ケルト人が信仰する聖地であった。

西暦708年、アヴランシュ司教オベールが、

大天使ミカエルより「この岩山に聖堂を建てよ」と

夢のお告げを3度にわたり受け、この地に礼拝堂を作った。

ここから、モンサンミッシェルの歴史が始まった。

モンサンミッシェル

また、このモンサンミッシェルは言い換えると修理の歴史と

表現して良いほど、復元、修理、修繕を繰り返している。

現在も、島のまわりが砂州化がすすんでおり、元に戻す

工事が進められている。

余談ですが、モンサンミシェルといえば名物「オムレツ」が有名。
モンサンミシェル オムレツ    モンサンミシェル オムレツ2

モンサンミシェルにある「ラ・メール・プーラール」というレストランが発祥で

巨大で、ナイフを入れると、フワフワの泡が流れだし、

口の中でふわっと溶けてしまうらしい。

日本でも東京、横浜に「ラ・メール・プラール」が進出しており

 スフレ状の「ふわふわオムレツ」が楽しめます。

スポンサードリンク

コメントを残す